センスエピは、フラッシュランプを使った光で黒い部分に反応し、ムダ毛の処理をする光脱毛と、だいたい同じ原理だと思ってもいいでしょう

家庭用脱毛器のセンスエピ

エステサロンでの脱毛方法としては、ニードル脱毛や光脱毛など数種類の脱毛方法があります。ニードル脱毛は、毛穴の中に針をさし電気を流し毛根を焼き、毛母細胞を壊して再生する毛の成長を邪魔して生えさせないようにする方法です。以前はエステで一般的でした。

光脱毛は、エステ業者やレーザ機器を販売している企業によってネーミングが違う呼び方をしているみたいなのですが、だいたいは、IPL脱毛とフラッシュ脱毛と、プラズマ脱毛の3つに分かれるようです。

IPL脱毛は、インテス・パルス・ライトという光を出すレーザーの脱毛器を使用しているようです。。フラッシュ脱毛は、フラッシュ光線という名前の拡散光を出すレーダーの脱毛器を使用しているようです。プラズマ脱毛は、セキノンフラッシュ光線という光を使い、この光を肌に安全にやさしい光へと変える特殊偏光フィルムに通すことで脱毛処理する方法のようです。

最近のエステサロンで使用されているのは、光脱毛の脱毛器の方が多いと思います。

センスエピは、フラッシュランプを使った光で黒い部分に反応し、ムダ毛の処理をする光脱毛と、だいたい同じ原理だと思ってもいいでしょう。

センスエピとエステサロンの脱毛器(光脱毛)との違いというと、光のエネルギーの強さが違うというところです。エステサロンなどでは、脱毛の効果を得るためにエネルギーを強くているようですが、センスエピは、安全性を考えた上で、エネルギーを強くするのではなく、そのほかに、音の振動を加えることで、脱毛効果を得ているようです。

センスエピは顔にも使っても大丈夫?

センスエピを顔に使用しても大丈夫かということに関しては、センスエピの公式サイトでも、顔にも使用できることを書いてあるようです。
しかし、何点か注意事項があるという条件付きのようです。
それは、鼻から上の目の周りや、まぶた、まつ毛、おでこ、こめかみ部分と唇は避けるように注意されています。

目の周りや、まぶた、まつ毛などの鼻から上の部分の使用を避けるように注意している理由としては、センスエピの光がとても眩しく、黒い色に反応してしまいますので、目の周辺で光を当ててしまうともし、目には直接光がはいったりしたらとても危険のようです。他の脱毛器もそのような感じですね。だからと言って、光自体が害を与えるような光ではないので、鼻から下の部分には問題がないようです。
あと、唇に関しては、色素がありますから、光を当てることでやけどをする危険性もあるので、気をつけたほうが良いようです。
光のあて方としては、唇を内側に隠すように鼻の下をしっかり伸ばして、唇が光が当たらないように光をあてれば脱毛がきれいにできるようです。

顔に光脱毛をする場合は、前髪やもみあげなどの髪の毛が顔にかからないようにしっかりと留めて、化粧もしっかりと落として、顔の産毛等の毛もできるだけカミソリやシェーバーで剃って洗い流して行うとより効果が現れるようです。髪の毛がかかったまま光脱毛の処理を行っていると焼けてしまう恐れもあるので、気をつけたいところですね。